So-net無料ブログ作成

【終了】10月21日(月)メーカーズ・コラボ・ディナー@ボッカ・デル・ヴィーノ(京都)- マラビーノ社(シチリア)編 [参考資料]

お料理はコラボとのことでしたが、イル・ピスタッキオの檜森シェフの素晴らしさを実感。お料理は取り分けで、画像は3人前となります。

前菜は全8種類。

いずれもがシチリアの郷土料理であり、シチリアが目の前に広がる様だ。
この8種類だけでワインが何本飲めるのだろう?

(俺的には白飯もたんと喰える) 

DSC07403.jpg 

マグロのボッタルガをのせたブルスケッタ/ニシュラン★

ボッタルガ、アンチョビのような香り、塩味も複雑な旨味。こんなブルスケッタは初めて。
オン・ザ・ライスにすれば、どんぶり飯三杯楽勝。瓶詰にして売りたい。

DSC07405.jpg 

自家製モッシャーメ・ディ・トンノとパネッレ/ニシュラン★

マグロの生ハムはもちろん美味…
パネッレと呼ばれるひよこ豆粉からできる甘味あるパン(?)が素晴らしい。
シチリア郷土料理をビンビン感じます。

DSC07407.jpg

甘エビとオレンジのサラダ/ニシュラン★

甘エビの甘味と甲殻の風味にオレンジの酸と香り。
こういうの‥家ではなかなか組み合わさないね。
オリーブオイルがつなぎ目を(いい意味で)曖昧にしてくれる。 

DSC07409.jpg 

カジキマグロのカルパッチョ/ニシュラン★

薄切りのカジキマグロ‥気仙沼のカジキだそうです。
 

DSC07410.jpg

タコとグリーンオリーブのサラダ 

シンプル・イズ・ベスト。マラビーノのオリーブオイルが栄える。 

DSC07413.jpg 

海の幸のサラダ/ニシュラン★

浅利に、ムール貝、烏賊‥の、旨味出汁‥間違いないよね。

DSC07415.jpg 

カジキマグロのポルペッテ/ニシュラン★

驚きの食感。周りはカリっと‥中味はとても優しい。
なぜかサータンダーギーを彷彿‥
こうなるとナイフとフォークが必要ない。 

DSC07417.jpg 

生しらすのフリッテッレ/ニシュラン★

まるでしらすのすり身の天ぷら。

(ビール頼みそうになるわ) 

DSC07419.jpg 

手打ちパスタ・ブジアーテ トラーパニ風ペースト、茄子、アーモンド/ニシュラン★

素晴らしい!の一言!

ニンニクとトウガラシ系の辛味と香りがシャープにして複雑。
優しい食感の茄子、チーズ。
アーモンドの香り、アクセントになる食感。
ブジアーテのチネり具合、湯がきも最高!

もう一回食べたい! 

DSC07421.jpg 

リコッタチーズを詰めたラビオリ 黒豚トマト煮添え

このラビオリにはサンティーニ氏は感動してましたね。
ラビオリの厚みと、リコッタの入った部分とビラビラの配分がいい食感。 

DSC07422.jpg

カジキマグロのインヴォルティーニ/ニシュラン★

ほんと断面ショーの画像取れば良かったわ。
カジキマグロがこんなにしっとりと仕上がるなんて。

付け合わせのカポナータは画像失念。
そんだけ集中して食べとったんやな。

DSC07428.jpg

小さなカッサータ・シチリアーナ

これはマウント・エトナを模してるのでしょうか。
(ちゃうかな)

どのお皿もレベル高い‥
というかシチリア郷土料理なんですよ。

本当に美味しかったなあ。
(あ、ワインの話はメルマガで) 

 

写真-2013-10-21-21-48-18.jpg

 ちなみに‥壁にサインを書き出すサンティーノさん

写真-2013-10-21-23-16-46.jpg

 

これ‥あかんやつや!

 


 

 34479_133778796651455_362788_a.jpg
www.marabino.it

シチリア最南端パキーノで有機栽培にこだわるマラビーノ社からサンティーノ・スチベッタ氏を迎えてのワイン会のご案内です。今回は通常のメーカーズ・ディーナーではなく、メーカーズ・コラボ・ディナーなんですよ。お料理は会場であるボッカ・デル・ヴィーノの野宮シェフと、同店のオープニングから携わっておられた元スタッフであり、現在は大阪(茨木)のシチリア料理店イル・ピスタッキオのオーナシェフである檜森(ひのきもり)シェフとの華麗なる共演で、マラビーノ社のシチリアワインに合わせた特別なシチリア料理コースを提供して頂きます。最初で最後?華麗なる競演な饗宴ですね。

【主催】  ボッカ・デル・ヴィーノ
【協賛】  株式会社仙石
【日時】  2013年10月21日(月曜日)
【開始】  19時00分~
【終了】  22時30分予定
【場所】  ボッカ・デル・ヴィーノ
      京都府京都市中京区室町通四条上る菊水鉾町569
      075-211-7053
【定員】  20名
【申込】  会場であるボッカ・デル・ヴィーノさんにお電話で直接お申込頂くか、
      西野嘉高までメール頂けましたらこちらでのお申込も可能です。
      参加希望の方はまずはお気軽にご連絡をお願いします。
【〆切】  お申込とキャンセルの〆切は特に設定されておりませんが、
      お早めのお申込とキャンセルのお申し出をお願いします。
【会費】  12,000円

【お食事とワイン】 

お食事は野宮シェフと檜森シェフの競演で、マラビーノ社の各ワインに
合わせたシチリア郷土料理をお楽しみ頂きます。
※当日の仕入れ状況でメニューは変更になる場合がございます。 

本日のお魚の前菜盛り合せ

muscatedda.jpg 

MUSCATEDDA・Moscato di Noto DOC 2012(白)
ムスカテッダ・モスカート・ディ・ノート DOC 2012

品種:モスカート・ディ・ノート100%
醸造:破搾し、皮ごと12日間アルコール発酵。その間ルモンタージュを繰り返す。
その後ステンレスで5〜6ヶ月熟成、瓶内熟成2ヶ月。

 

eureka.jpg 

EUREKA・Chardonnay・Sicilia IGT 2012(白)
エウレカ・シャルドネ・シチリア IGT 2012

品種:シャルドネ100%
醸造:破搾し、皮ごと12日間アルコール発酵。その間ルモンタージュを繰り返す。
その後ステンレ スで5〜6ヶ月熟成、瓶内熟成2ヶ月。 


 

手打ちパスタ ブジアーテ・トラパーニ風ペースト

rosanera.jpg

 

ROSANERA・Eloro・Rosato DOC 2012(ロゼ)
ローザネラ・エローロ・ロザート DOC 2012 

品種:ネロ・ダヴォラ100%
醸造:アルベレッロ方式で栽培された樹齢30年の樹からのブドウを使用。
低温でブドウを潰しステンレスタンクにてアルコール醗酵後6ヶ月熟成。 


 

リコッタチーズを詰めたラビオリ、黒豚トマト煮添え



noto-nero-davola.jpg 

NOTO・Nero d'Avola DOC 2010(赤)
ノート・ネロ・ダヴォラ DOC 2010

品種:ネロ・ダヴォラ100%
醸造:樹齢約10年のブドウを使用。スキンコンタクトを行いながら長めのマセレーションを実施、伝統的な6000lのフランス産の大樽と一部バリックで6〜8ヶ月熟成。
ボトル熟成最低4ヶ月。 


 

カジキマグロのインヴォルティーニとカポナータ

eloro-pachino.jpg

 

Eloro・Pachino・Riserva DOC 2010(赤)
エローロ・パキーノ・リゼルヴァ DOC 2010

品種:ネロ・ダヴォラ100%
醸造:アルベレッロ樹齢45年。伝統的な6000 lのフレンス産の大樽で20ヶ月熟成。
ノンフィルターで瓶詰。 


 

カッサティーナ

moscato-2011.jpg

 

Moscato・della・Torre Moscato di Noto DOC 2011(デザートワイン)

モスカート・デッラ・トッレ モスカート・ディ・ノート DOC 2011
 
品種:モスカート・ディ・ノート100%
醸造:キメ細かい石理の土壌で出来る樹齢10〜15年の樹からのブドウを使用。
収穫後ブドウを乾燥させ、ステンレスタンクで皮と共に発酵。
その後更にステンレスで5ヶ月間熟成。

 

 

 

 

以上。
 
皆様のお申し込みお待ちしております。
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。