SSブログ
前の4件 | -

Turriga Isola dei Nuraghi 2001 Argiolas [毒味または晩酌]

IMG_1313.jpg

Turriga Isola dei Nuraghi 2001 Argiolas
トゥーリガ・イソラ・デイ・ヌラーギ 2001 アルジオラス

ええワインでの飲まんとやっられませんねえ。

久々のトゥーリガの古酒を飲んでみましょう。
現行は2016年かな、今年は2017年が出てるタイミングなような気がしますが。

かれこれ15年の追熟成な2001年です。

ほんのりと熟成したニュアンスは感じますが、まだまだ力強さも感じますね。
確かに、渋味がやや丸く、落ち着いてきたようにも感じますが、トゥーリガらしい迫力は健在。もちろん、黒いフルーツもたっぷりあるし、そこに馴染みも15年の恩恵かな。

熟成が進んでいるのは確かに感じるんだけれども、15年ぐらいでは極端な変化はない。アルナルド・カプライのサグランティーノ・ディ・モンテヴァルコ・25anni同様に、強い酒質で、明らかな変化を感じさせる熟成をするには何年必要なのかわからない。

いい意味で、いつ飲んでも力強さを感じさせてくれるし、フルーツが落ちる気配もないので、安心だ。二日目でもなお力強さがあるし、もちろん、馴染んできて、二日目の方がなお旨い。抜栓後も強いので、15年の追熟成後も長く楽しめるのも強いワインの利点ですね。

やっぱトゥーリガは間違いないですね。迷ったら選んで間違いなしです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Dolcetto d'Alba Trifole 2013 Bruno Rocca [毒味または晩酌]

IMG_1268.jpg

Dolcetto d'Alba Trifole 2013 Bruno Rocca 
ドルチェット・ダルバ・トリフォレ 2013 ブルーノ・ロッカ

豚ロース肉も、お野菜も藍チャソがSTAUBのグリルパンで焼いてくれました。
塩胡椒、義母菜園のローズマリーで香り付け。

ドルチェットか?バルベーラか?ネッビオーロか?

ピエモンテでは一番多産であろうドルチェット、だから一番消費もされてるだろうし、一番デイリーに使われてるんでしょうね。どんな銘醸でも、なんだかんだとドルチェットも造ってて、自家消費な地酒なんだろうな(知らんけど)。

だからこそ、ピンキリでもありますね。そう高額なドルチェットはないはずですが、粗野で雑な完全地酒なスタイルのものもあるでしょうし(きっとラベルも貼られてない、計り売りかもしれませんね)。銘醸が醸せばやっぱりちゃんとしてるね。

ドルチェットらしいワイルドなチェリーやベリーの果実味もありますが、渋味や酸味が馴染んできてるので、そこに雑さを感じかねない部分の角が取れてる‥のはバックビンテージならではかと思います。おいしいですよ。

お値段も現行市場価格とほぼほぼ変わらず、6年の時を戻そうはコスパ◎ですね。


IMG_1271.jpg

〆のパスタはナポリタンにしてみました。

感想バジルふりかけたら、青海苔みたいになっちゃった(焼きそばか!)。
しっかりケチャップも炒めてから、少しオーバーボイル気味のもちもちパスタを絡めて出来上がり。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Bianco di Trinoro 2018 Tenuta di Trinoro [毒味または晩酌]


IMG_1292.jpg

Bianco di Trinoro 2018 Tenuta di Trinoro
ビアンコ・ディ・トリノーロ 2018 テヌータ・ディ・トリノーロ

ということで(どういうことだよ)、サルティンボッカを自作しましょう。

スープはレトルトのビスク(にしの家、甲殻類の出汁大好物です)。
その右上は、ジャガイモのガレット。
じっくり焼いたジャガイモ(メークイン)がとても甘味があっておいしかったんだけど、つなぎを使わず作ったのでひっくり返すのに四苦八苦。まだまだ下手くそですね(フライパンのサイズが‥という言い訳をしたいけどしない)。
その右下はサラダ、サラミとコッパ、スナップエンドウ他。
調味料オタでもありますが、ほぼほぼドレッシングはあまり使わないですね。オリーブオイルと塩胡椒だけが多いかな。使うとすれば、シーザーサラダ、ごま、サウザンアイランド、ぐらいですかね。特にノンオイルとか、逆にトロミは何でつけてんねん?って感じですので使いません。

で、一番手前がサルティンボッカ。

そもそも仔牛肉なんて手に入らないので、豚ヒレを鍋底でキライなヤツの顔を、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、アイツと、思い浮かべながら(どんだけキライなヤツ多いんだよ)、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタく、タタき潰してやる!

で、肉片は3つなんだけど(肉片言うなよ)、プロシュートは3枚しかないので、片方は、サラミとコッパをくっつけてみる。フライパンにバター、心配なのでオリーブオイルちょい。なんとなくニンニク入れちゃった。表になる方から焼いて、ほどなくして裏返す。もう豚ヒレはトムとジェリーぐらいペチャンコなので、すぐに火が入りますね。付け合わせのアスパラも一緒に仕上げます。

お肉を取り出したフライパンに、白ワインを入れて鍋底の旨味をこそぎ落としながらバターも入れて少し詰める。そもそも、お肉と生ハムの間にセージを挟むのが正式なレシピのようなんだけど、セージなどないので、ソースには乾燥パセリとタイムを入れてみました。

断然、プロシュートの方がおいしい。というか、サラミの方は少し塩分強かったなあという印象、まあ、酒の肴にはいいんだけどね。決して硬いわけではないが、豚ヒレはもっとやわらかくしっとり仕上げたいなあ。仔牛のようにはならない。ソースは結構良かった、もうちょっとソースの量が多くても良かったかもしれないけれども。仔牛が手に入ったらまたやってみよう。ウサギとかもイケそうな気もする(知らんけど)。

サルティンボッカはローマ料理ということなんだけれども、ローマのワインないなあ。フラスカティとか、エスト・
エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・エスト・とかないなあ。ということで、実はローマ人のアンドレア・フランケッティが造るビアンコ・ディ・トリノーロで。セミヨンってのがほんと彼らしいよね。やっぱり美味しい。まあ、この価格なら当然だけれども。


塩味を思うと南のミネラリーな白でもいいだろうし、バターを思うと北のもう少し厚みのあるものか、軽く樽のかかったものでもいいかもしれない。さほどワインを選ぶ感じではない。

ちなみに、酒石的な瓶底に結晶が出てました。

最初にワインの価格を伝えたら、いつもは一杯付き合うだけの藍チャソもおかわりしてました(汗)。




コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボッカ・デル・ヴィーノ@木屋町団栗橋 [飲んだの喰ったの]


二週間前です。

某輸入元さんとコラボで、京都の飲食店さん達とミニ試飲会を開催しました。
もはや、緊急事態宣言が発令されていますので、とても無理ですが、やれそうな時にやっておくのは大事ですね。

中止になった春の試飲会も少なくありません。基本的にサンプル買って飲めばええやん…な思想と姿勢ですが、色んなワインとの出会う機会を捻出するには試飲会はやっぱり必要です。

また、若い飲食店従事者、ソムリエを目指す方々にとっては何よりの経験の場でもありますし‥この現状、モンモンとしますが、せめて、弊社取引のお客様だけでも…な、小規模開催。コロナ禍ですから自ずと小規模になっちゃいますわな。


最低あと1年は終息に掛かると考えてますから、その波の合間をはかって、今後も色んな機会を創たいなと思います。残念ながら、一般のお客様とのワイン会は‥無理だなよなあ。

食事なしのセミナー形式(全員前向いて)黙飲でよければできるかな。なんて思うのは、ジェームス・サックリングなんかは香港のワイン・セントラルで、セミナー形式で頻繁にやってますね。要はしっかりと感染対策さえすれば‥は甘いでしょうか(はい、甘いです)。


久々の京都、阪急に乗っちゃったしな。

河原町に着いてからの電話、無理言いました。

いつもは試飲会前にみんなでよってたかって(笑)食事会するんですが、ひとり飯です。


IMG_1193.jpg

ボッカ・デル・ヴィーノ
住所:京都府京都市下京区木屋町団栗橋下る斎藤町138-9 
電話:075-585-8267

最近は朝食もされてます。

プランツォも予約必須です。

前菜、パスタ、セコンド、の中から2品。パスタやセコンドはそれぞれ4種類から選択が可能(だったと思います)。悩ましいなあ。決められない。ふたりならイロイロをワケワケできるのに。


IMG_1197.jpg

悩んだあげく、パスタとセコンドの組み合わせにしました。

パスタも悩んだあげく、アマトリチャーナを。

どう旨いとかいうのと違うのよね。
アマトリチャーナ、旨いわ。

IMG_1199.jpg

セコンドは、サルティンボッカを。

なかなか、サルティンボッカをオーダーすることもなければ、
そもそも、サルティンボッカをオーダーできるお店があるのか?

やわらかな仔牛肉、旨味のある脂と塩味のハム、ヤっバイ。
そして、なんつってもソースが旨い。白飯があればどんぶりで三杯イケる。

IMG_1203.jpg

ドルチェも昇天。
いやあ、スゴイわあ。
ボッカ・デル・ヴィーノ、スゴイわあ。

今度は藍チャソも連れてったげよ。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の4件 | -